デイリーレポート

男のロマンを感じる表情豊かなピアノ

男のロマンを感じる表情豊かなピアノ

Kyoko

2018年06月15日 金曜日

0 コメント

▶今年2回目の出演《嶋津健一トリオ》レギュラーメンバー嶋津健一(pf) 加藤真一(b) 今村健太郎(ds) さん。このトリオのファンの方やお知り合いが大勢いらっしゃって店内は和やかな雰囲気で、嶋津さんは律儀にお客さまからのリクエストの声に応えて演奏されました。私は毎日お店に出ていろんなライブを聴いていますが、嶋津さんの表情豊かなピアノはホントに味がありますね。
▶1st.stage…嶋津作♪Long and Narrow Road、♪Surrey with the Finger on Top、デイブ・ブルーベック♪In Your Own Sweet Way、嶋津作 ♪Suite (組曲) NO.1、♪Sketch From Porte De Clignancourt…パリのノミの市に行ったあとすぐ10分位で書いた曲。今朝できたてホヤホヤの綺麗なバラード♪無題、スタンダード曲♪Softly As In A Morning Sunrise (朝日のようにさわやかに)、A.Cジョビン♪Waters of March。
▶2nd.stage…A.Cジョビン♪Luiza、嶋津作♪鶴の舞、リクエストの応えて♪I’ll Be Seeing You…邦題「恋の十日間」より、嶋津作「天使の歌声」と言われたジミー・スコットが曲名を付けた曲♪Itchy…嶋津さんは彼の歌伴もやっておられました。嶋津作♪真っ黒けのけ、♪Cool Strethes、嶋津作♪You Are My Soul 、♪Portrait In Black and White、アンコールは♪Blues For Little J。聴き応えのあるライブでした。次回は晩秋11月8日になります。男のロマンを感じるステージ、秋によく似合いますよ。

180614041806140618061407180614031806140118061408

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です