デイリーレポート

「さすが」としか言いようがない素晴らしい化学反応ジャズ

「さすが」としか言いようがない素晴らしい化学反応ジャズ

Kyoko

2018年06月08日 金曜日

0 コメント

▶《北川潔スーパーベース 2 Days》その第一夜は、トリオステージ。NYに渡って30年、ケニー・バロンさんのユニットのレギュラーベーシスト北川潔さんと、片倉真由子(pf) 石若駿(ds) さんという申し分のないトリオメンバーです。真ん中に存在感のあるベーシストがいると絵にもなりますね。北川さんは、さすが世界で活躍するベース、ということが一音聞いただけでわかります。今の日本には並ぶ方はそう多くいません。そんな北川さんが、真由子さんと駿さんに触発されてくんだトリオで、NYでもいろいろな人と演奏しているけどこの二人のようなミュージシャンにはまだ出会っていない素晴らしい演奏家だと感動されるほど。真ん中のベースが凄いから、素敵な化学反応が起きてるのだと思いました。私はこの頃、歳のせいで頭がボケかけていて自分でも悔しいくらいなのですが、このような演奏を聴くと頭がシャキッする気分になります。
▶1st.stage…ケニー・バロンとのアルバムに入っている♪K.G、♪Poconos Delight、アルバム「Turning Point」の中から♪Linden Blvd…ブルックリンの北川さんの家の
近くの通りの名前リンデン・ブルバード。ベースソロで♪Alter Ego〜♪You Don’t Know What Love Is、トリオでエラの歌ったバラード♪Stairway To The Stars、アルバムタイトル曲♪Turning Point。
▶2nd.stage…ベースイントロからでた♪コルトレーンの曲…聴き惚れていて曲名を聞くのを忘れました。ドラムソロのイントロソロから♪Zero Gravity、アルバムの中から♪Summer Mist、ベースソロで♪Prelude To A Kiss〜♪In A Sentimental Mood、トリオで♪A Place To Remember…ドラムスはブラシで演奏。アップテンポの♪Innocent Mistake、アンコールは♪I’ll Remember April。第二夜は、明日土曜日、このトリオにあるとの音色が綺麗な 中島朱葉(as) さんが参加されます。をお聴き逃しのないように。私もアタマがスカッとするのも楽しみ、いい音楽は老化対策にもいいですよ。

180607011806070518060707180607091806070218060704180607061806070318060708

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です