デイリーレポート

気持ちのいいオリジナル曲を音色のいい2アルトで

気持ちのいいオリジナル曲を音色のいい2アルトで

Kyoko

2018年03月13日 火曜日

0 コメント

▶週明け月曜日から《土岐英史クィンテット》の気持ちの良いジャズを楽しみました。ジャズの世界も進化していて女性の活躍が目立ちますね。昨夜のフロントは、大御所 土岐英史(as)さんと並んで、中島朱葉(as)さんが立ち、片倉真由子(pf) 佐藤ハチ恭彦(b) 奥平真吾(ds) さんのバックトリオ。土岐さんは身体の中に音楽が詰まっているような方で、いい音色で楽器がよく歌います。そんな彼の横で、臆すことなく堂々と吹く中島さんの将来がを楽しみに思いながら聴きました。全曲が土岐さんのオリジナル曲でしたが、全てが難しくない聴きやすい曲で、スタンダード曲を聴くような感じで素直に心に届いてきました。
▶1st.stage…♪C minor、♪Dear E、バラード♪Right Time、♪Little Phoenix、♪B♭のBlues…これはつい先月亡くなったドラマー、レオン・チャンクラーさんと土岐さんの思い出の曲で、彼は来日する度に当店に立ち寄ってくださって、時々当店のドラムスのチューニングも快くしてくださったとってもいい方でした。♪One More Question。
▶2nd.stage…ミディアムテンポで♪At the Jazz Club、アップテンポの♪Thunder Head、ピアノイントロからバラード♪After Dark、アップテンポの♪Picasso’s Holiday、土岐さんのテーマソング♪MA-TA-NE !、アンコールは新曲♪“845”。週の始まりから気持ちの良い演奏を聴いて、元気になりました。レオン・チャンクラーさん、享年65。安らかにお眠りください(合掌)

180312061803120518031203180312041803120218031201

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です