デイリーレポート

演奏者の組み合わせもバラエティー豊かで多彩

演奏者の組み合わせもバラエティー豊かで多彩

Kyoko

2018年03月10日 土曜日

0 コメント

▶雨が降ったり止んだりまた寒い金曜日になりました。赤松敏弘(vib)さんの新アルバム「SYNONYM (シノニム)」発売記念ライブが、レコーディング・メンバーが揃って行われました。ハクエイ・キム(pf) 市原ひかり(tp,vo) 酒井麻生代(fl) 須川崇志(b) 小山太郎(ds) さんです。そのアルバム収録曲が全て演奏されたステージ。
▶1st.stage…赤松さんの師匠、市川英男さんの作品♪Reminiscence…(tp)(vib)(b)(ds)で演奏、赤松作♪The Gleaner…(tp)(fl)(vib)(b)(ds)で演奏、赤松作バイブとフルートのデュオで♪Pleiades、赤松作♪Avenue 11…(flh)(vib)(pf)(b)(ds)で演奏、コルトレーンの♪Giant Steps…(flh)(vib)(pf)(b)(ds)で演奏、♪On Green Dolphin Street…6人全員で演奏。
▶2nd.stage…赤松作♪Flash of Genius…(vib)(pf)のデュオ演奏、キMさんと市川さんの共作♪Lost in Newtown…(vib)(pf)(tp)、ひかり作詞赤松作曲♪Six-N…(fl)(vib)(b)(ds)で演奏、昨年亡くなったボビー・ハッチャーソン作♪Little B’poem…(fl)(vib)(b)(ds)で演奏、赤松作アルバムタイトル曲を全員で♪Synonym。そして最後も全員で♪Sound of Focus。
▶演奏されたオリジナル曲は7曲。このアルバムに込められたエネルギーはきっと膨大だったでしょうね。これをまた販売しなければならないのですから、アルバム作りも大変です。皆さま応援よろしくお願いいたします。

18030901180309071803090418030906180309051803090218030903

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です