デイリーレポート

完成度の高い演奏 気持ちの込もったステージ

完成度の高い演奏 気持ちの込もったステージ

Kyoko

2018年03月07日 水曜日

0 コメント

▶少し暖かくなったと思ったら冬に逆戻り、春は一進一退三寒四温ですね。そんな昨夜、《近藤和彦クァルテット》近藤和彦(as) 田中菜緒子(pf) 上村信(b) 大坂昌彦(ds) さん。菜緒子さんが参加するようになっ2回目の近藤さんのクァルテット、近藤さんのオリジナル曲とスタンダード曲を交えて演奏。完成度の高いジャズを堪能しました。
▶1st.stage…近藤さんいわく、同じ花でも桜は話題になるけど梅はあまり話題にならないので作りましたと♪Plum Blossom。スタンダード曲♪Closs Your Eyes…ドラムソロ入り。近藤作♪Not By Guts Alone、ピアノイントロからD.エリントンの♪Sunset and the Mocking Bird。ガーシュインのポーギー&ベスの中からギル・エバンス作♪Gone…近藤さんソプラノサックスで。
▶2nd.stage…T.モンク♪Well You Needn’t、近藤作♪Right After This、♪Flip-Flop…ソプラノサックスで吹かれましたが自分の曲でもコードをとるのが難しい曲だそうです。東北大震災の後に作曲したバラード♪Our Prayer、季節モノ♪You Must Believe in Spring…ベースソロのイントロからアップテンポで。アンコールは♪What Is This Called Love。とても気持ちのこもった演奏でしたが、お客さまが寂しく反応がイマイチでもったいない思いがしました。180306031803060618030605180306041803060218030601

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です