デイリーレポート

土曜の夜らしい華やかで楽しいステージ

土曜の夜らしい華やかで楽しいステージ

Kyoko

2018年01月14日 日曜日

0 コメント

▶土曜日のライブに相応しいレパートリーの豊富なグレース・マーヤさんの弾き語りに日野”JINO”賢二(eb) 菅野知明(ds) さん、それに昨夜は 市原ひかり(tp) さんのの豪華メンバー。マーヤさんの仕事始めのライブとあって、お寒い中客席も丁度良い感じに埋まって、マーヤさんも伸び伸びと演奏されていました。リズム隊がとても良くて、その土台にマーヤさんもひかりさんもよく乗って、気持ちのいいサウンドを楽しみました。
▶1st.stage…♪Soul Shadows、♪Kiss of Life 、♪ockey Full of Bourbon、♪Anytime Any Place、♪Just The Way You Are、♪Fever、♪High And Dry。
▶2nd.stage…♪Just The Two of Us、♪Wonderwall、(tp)ミルトを付けて♪Smooth Opereter、♪Cherish、♪I’ll Be Seeing You、マーヤ作♪Sad Samba…恒例。皆んなでコーラス。♪Time After Time、アンコールは♪Close To You。マーヤさんは幼少の頃からクラシックピアノを大学院まで修めているだけあって、ピアノが体の一部のようでタッチが素晴らしくて気持ちが良いですね。

18011302180113041801130718011305180113011801130618011308

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です