デイリーレポート

てらいなく自分たちのサウンドを追求する熱い演奏

てらいなく自分たちのサウンドを追求する熱い演奏

Kyoko

2017年11月01日 水曜日

0 コメント

▶今月の最終日は《類家心平クァルテット》リーダー類家心平(tp) 中嶋錠二(pf) 鉄井孝司(b) 吉岡大輔(ds) さん。類家さんのオリジナル曲と彼のアレンジするスタンダード曲を、何のてらいもなくサウンド作りして自分たちの音楽を心から演奏しているユニットです。みんなの気持ちがひとつになった気持ちのよい演奏に、ファンの方だけでなく初めてお聴きになった常連のお客様も「今夜は良い演奏だね」とアルバムもお買い上げ頂きました。類家さんの全身全霊を演奏に集中しているのがよく分かるステージは、コアなジャズファンにも好感度抜群。選曲のセンスも良いと思いました。
▶1st.stage…アップテンポの激しい曲から始まりました、類家作♪Obsession
ウェルドン・アーヴァイン♪Mr.Clean、ピアノから静かに出た類家作♪Kyphi…皆んな自由に演奏していました。♪Pirarucu、類家作♪Chaotic Torritory1。
▶2nd.stage…スタンダード曲♪There Is No Greater Love、W.ショーター♪Speak No Evil、日野皓正作♪Alone Alone and Alone、類家作♪Karagi、アンコールはローランド・カークの♪Lady’s Blues。選曲が私好みの演奏曲で嬉しかったです。

171031051710310617103108171031071710310117103104

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です