デイリーレポート

生音ピアノがもの凄く良く鳴った夜 新曲も披露

生音ピアノがもの凄く良く鳴った夜 新曲も披露

Kyoko

2017年09月29日 金曜日

0 コメント

▶片倉真由子(pf) 浜崎航(ts,ss) さんの《Duke Ellinton Songbook》は、多作で知られるエリントンの埋もれている曲も掘り起こして演奏する貴重なライブです。エリントンの曲を嫌いと言う人に私は会ったことがないくらい多くの方に親しまれています。そんな曲を、昨夜はPAを使わず生音で聴かせてくれました。
▶昨夜は特にピアノが凄く良く鳴っていて、真由子さん弾きやすいと喜んで「前日のピアニストは誰?」と。「椎名豊さんよ」と答えたら、やっぱり上手い人が弾いたあとはとてもピアノが鳴るのよね、私が弾く前の日は椎名さんに弾いてほしいわ、と言っておられました。いつも小曽根さんのスペシャル・ライブをやると、その後2,3日、ピアノの鳴りがすごく良く鳴ります。ちなみに真由子さんは今日も出演します。さてピアノの鳴りと響きはどうかしら?
▶1st.stage…♪The Intimacy of The Blues…浜さんソプラノを吹きました。♪The Mystery Song、♪Star Crossed Lovers、♪Feeling of Jazz…浜さんテナー、エリザベス女王に謁見して作曲しその後女王に献上した「女王組曲」より♪Le Sucrier Velours…フランス語でヴェルベットのような触り心地の鳥。♪Jump for Joy…浜さんソプラノ…この曲はこの二人のアルバムに入っています。
▶2nd.stage…「女王組曲」より♪Sunset and the Mocking Bird、♪I Let a Song Go Out of My Heart…浜さんテナー、♪All Too Soon、♪Take The Coltrane…浜さんソプラノ、エリントンも出演している1959年の映画「或る殺人」のテーマ曲♪Low Key Lightly…浜さんテナー、B.ストレイホーン♪Blood Count…浜さんテナーで。アンコールは♪Lotus Blossom…浜さんソプラノでした。

1709280617092801170928041709280217092803

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です