デイリーレポート

連休明けで寂しい客席も温かな心のこもった演奏

連休明けで寂しい客席も温かな心のこもった演奏

Kyoko

2017年09月20日 水曜日

0 コメント

▶台風一過の晴天、渋谷の街もTシャツと短パン姿の男性が多く、久しぶりに夏のような雰囲気でした。そんな三連休(と当店では臨時休業で2日ぶり)明け。お客さまは少なかったのですが、ストレート・アヘッドないいジャズを楽しみました。《松島啓之クァルテット》松島啓之(tp) 今泉正明(pf) 上村信(b) さんと、レギュラードラマーの広瀬潤次さんが首の具合が悪く、木村紘(ds) さんの替わったメンバー。木村さんは名古屋出身で東京と名古屋を行ったり来たりして活動されているようです。TOKU さんや 栗林すみれさんのバンドで演奏されたこともある方で、タッチが素直で良くて私好みのドラマーです。このユニットへの参加は初めてでしたが、ピッタリとハマっていましたよ。
▶1st.stage…松島作♪Just Because、♪Miles A Head、リー・モーガン♪Ceora…ボサノバ曲。バラード♪Skylark…トランペットがよく歌っていました。コルトレーンの♪Lazy Bird…チャリーパーカーのニックネーム。
▶2nd.stage…お馴染み♪So What、今泉作♪Vertical Updraft…フレディー・ハバードに捧げた曲。ベースをフィーチャーして♪Lady luck、松島作♪Little Song…熊本の震災のあとに作曲した曲。S.ロリンズ♪Airgin…これは当時独立運動していた「Nigeria」のをさかさにした綴リ。アンコールはD.エリントン♪What Am I Here For…松島さんミルト付けて吹きました。
▶とても心のこもった演奏でした。何十年ぶりにお見えになったお客さまがアメリカ人をお連れになったのですが、その方もお店と演奏をとても褒めて下さいました。楽しまれたようで…ありがとう。

170919041709190117091903170919021709190517091906

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です