デイリーレポート

アレンジも新鮮でNYの今が香るステージ

アレンジも新鮮でNYの今が香るステージ

Kyoko

2017年08月25日 金曜日

1 コメント

▶昨夜は、若くしてNYに渡りバークリー音大を出て多くの有名なグループで活躍しているジーン・Ess・シサモト(g) さんの、今回初めての日本ツアーでした。
バークリー音大では大坂さんと同級生だったそうで、昨夜のメンバーはジーン・シモサト(g) さんの他、吉本章紘(ts) グラント・リチャード(pf) 井上陽介(b) 大坂昌彦(ds) さんという彼の選んだメンバーです。強力なリズム隊の上に乗って、ジーンさんは気持ち良く演奏されていました。
▶1st stage…♪Get Out of Town、♪Kunai、♪Charade…お馴染みの曲ですが新鮮なアレンジでした。♪Forkball、カッコいいブルース、コルトレーン♪Trane’s Slow Blues。
▶2nd set…♪Blues Minor、♪Weaver of Dreams、♪The Trials、♪Night in
Tunisia…これもカッコいいアレンジでした。♪In to the New World、アンコールは♪Wee。ジーンさんの曲とアレンジが新鮮で、今のNYを感じました。ジーンさんとはほとんどお話できませんでしたが、マネージャーさんがとても良い方で演奏曲をメールで送っていただきました。ありがとうございました。

170824051708240617082402170824071708240317082408

コメント 1件

  1. 松井明紀 says:

    ジーン・シモサトのマネージャーの松井です。この度は快く受け入れてくださいまして本当にありがとうござました。そして私のことを取り上げて頂いて嬉しく思います。

    Body&Soulさんの素晴らしいお店作りに感銘を受けました。お店自体もそうですが、スタッフさんの接客態度の意識の高さなど、本当に素晴らしく勉強になりました。ジャズの世界に少し触れまして、ネガティブな声ばかり耳にしましたが、業界全体がBody&Soulさんのビジネスに対する姿勢を学ぶことが何より大切なのではと感じています。

    これからもどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です