デイリーレポート

クォリティーの高い意欲的な挑戦のトリオサウンド

クォリティーの高い意欲的な挑戦のトリオサウンド

Kyoko

2017年08月12日 土曜日

0 コメント

▶本田珠也(ds)さんが、クォリティーの高いメンバーを揃えた意欲的なトリオ《本田珠也トリオ》メンバーは 佐藤浩一(pf) 須川崇志(b) さん。私の想像を超えて、昨夜は難解な曲をしっかり演奏され、久しぶりに物凄い緊張感のあるピアノトリオを聴きました。
▶珠也さんが、佐藤さんの違う部分を引き出したいと選んだ作曲者が、カーラ・ブレイ。50年代から60年代にかけて、大物ミュージシャンたちに斬新な曲を提供し、今なお活躍する女性です。須川さんはつい最近、ルクセンブルク大公国のジャズフェスで彼女の演奏を聴いたそうですが、84歳でバリバリのピアノ演奏に大変感動されたそうです。もちろん作曲活動もされているようです。世の中には、凄い方が居るものですね。
▶1st.stage…カーラ・ブレイ♪And Non The Quen…短いけど不思議な曲。♪Vashker…静かに始まって途中激しくなってまた静かに終わった曲。佐藤作♪Kamiya…変拍子の曲。スタンダード曲バラード♪I Should Care、カラー・ブレイ♪Batterie。
▶2nd.stage…佐藤作♪Heaven…とても聴きやすい曲でした。カラー・ブレイ♪Sad Song、須川作♪Outgrowings、スタンダード曲バラード♪It Never Entered My Mind…マイルスが演奏していたのを思い出しました。カラー・ブレイ♪Ictus (発作)…何の発作でしょうね?アンコールは菊池雅章作♪Little Abi…珠也さんはかつて故菊池さんのレギュラードラマーでした。
▶クォリティーの高いジャズで、今はこのような曲(フリージャズではなく)を演奏するミュージシャンは少なくなっていますが、昔は故菊池雅章(pf)さんや故富樫雅彦(perc)さんなどがこうした系統の曲を演奏されていましたね。ちょっと昔を思い出しました。

17081102170811051708110117081104170811031708110617081107

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です