デイリーレポート

ベテランらしい落ち着いた柔らかい音色に和んだ夜

ベテランらしい落ち着いた柔らかい音色に和んだ夜

Kyoko

2017年08月11日 金曜日

0 コメント

▶昨夜の《The Jazztet》はフロントがベテランの 大森明(as) 大御所の村田浩(tp) さん、中堅 続木徹(pf) さん、若手の小林航太朗(b) 富岡慶太(ds) さんの三世代メンバーで、スタンダード曲と大森さんのオリジナル曲を演奏するユニットです。フロント二人のコンビネーションが素晴らしく、村田さんのトランペットはとても温かいサウンドで和みますね。きっと良いお歳の重ね方をなさっていらっしゃるんでしょうね。大森さんのアルトの音色も素直で、柔らかく心地よい音色で、好感が持てて好きです。
▶1st.stage…マイルスの♪Dig、テナー奏者ハンク・モブレー♪Funk in Deep Freeze、大森作♪East 9 th Street…多分NYに住んでいた時の住所だと思います。トランペットをフィーチャーして♪ビートルズ・ナンバー♪P.S. I Love You…とても素敵でした。大森作♪Time and Place、♪Bud City。
▶2nd.stage…Q.ジョーンズ♪Stockholm Sweetnin’、大森作自分のふる里に書いた曲♪Ariake、大森作♪City Lights、M.ルグラン♪The Summer Knows…映画「夏の思い出=Smmer’42の思い出」。聴きにいらしていた豊田チカ(vo)さんを呼び出して♪Beautiful Love…スキャット入で歌われました。レギュラー・メンバーで♪Cherokee、アンコールは♪Fly Me To The Moon。心が和んだ夜でした。

1708100117081002170810051708100417081003

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です