デイリーレポート

素晴らしく綺麗な音色の楽器の「会話」を堪能

素晴らしく綺麗な音色の楽器の「会話」を堪能

Kyoko

2017年07月23日 日曜日

0 コメント

▶先月は多かったのですが、昨夜は今月始めての【BODY&SOUL Special】でした。《ブリン・ロバーツ(pf) &ラーゲ・ルンド(g) デュオ》ピアノとギター、メロディー楽器のデュオと言うと、ビル・エバンスとジム・ホールを思い出しますね。私、ホントに最近モノ忘れが激しくて…お二人とも以前に当店に出演されていましたが、ブリンさんはお会いして思い出しました。
▶とにかくお二人ともタッチと楽器の音色が綺麗で良く鳴り、お二人の信頼関係が見事で、まさに楽器でする会話です。しかも上品で音楽的で、凄く気持の良い演奏に、満席のお客さまも皆さん静かに聴き入っておられました。
▶1st.stage…♪East of The Sun、ブリン作♪K W、ギターをチェンジして♪Brasilia、シナトラが歌ったスローバラード♪You Go To My Head、ギターをチェンジして♪New Standards。お誕生日のお客さまに♪Happy Birthday。♪Night Song。日本のギターの会社がラーゲンさんに3本ギターを貸し出していたので全部を弾かれたわけですが、私には全部同じいい音に聴こえました。
▶2nd.stage…C.コリアの♪Tones For Joan’s Bones、ブリン作♪Medicine Bow、ギターをチェンジして♪Jogral、そして社歌♪Body And Soul…もの凄く美しい音の会話が素晴らしかったです。ラーゲンさん今度はご自分のギターに持ち替えてブリン作♪Circus Blues、スタンダード曲♪That’s All、アンコールは♪My Ideal で最後まで綺麗に終わりました。とても気持ちのよい週末、土曜の夜のライブでした。また聴きたい思いです。

1707220217072204170722011707220317072209

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です