デイリーレポート

よくスウィングする楽しくジャジーなステージ

よくスウィングする楽しくジャジーなステージ

Kyoko

2017年05月11日 木曜日

3 コメント

▶「SK 3」トリオから発展してすっかりサウンドが定着した《SK 4》メンバーは佐藤洋祐(as,vo) 菊池太光(pf) 楠井五月(b) 山田玲(ds) さんの実力派若者クァルテット。明るく楽しく聴き応えのあるクァルテットのステージを、私も皆さんと一緒に楽しみました。
▶NYのハーレムに住んで活動している佐藤さんは、アルトサックスを身体の一部のように吹きこなす楽器の上手い人で、呼吸法の違いも感じます。その彼がフロントで、若いメンバーがどんどんヒートアップしてお互いから刺激を受けつつ刺激しつつ…熱いプレーが展開されました。昨夜のMCは、風邪気味でしたが菊池さんが担当。和気あいあい盛り上がりました。
▶1st.stage…ピアノソロのイントロからこのユニットのテーマ曲楠井作♪SK Blues、佐藤アレンジの♪What Is This Called Love…お馴染みの曲も7拍子の新鮮なアレンジでした。F.アステアのミュージカル映画から♪Three Little Words、佐藤さんのボーカル入でスタンダード曲♪I Falling Love Too Easily、♪Night and Day。
▶2nd.stage…佐藤アレンジのコルトレーンの名盤タイトル曲♪Giant Steps、D.ガレスビー作楠井アレンジの♪Con Alma、♪Take The A-Train…NYの地下鉄A列車は急行で、C列車は普通ということで佐藤アレンジで急行と普通を運行演奏、楠井さんの「べースの達人技」のソロが入りました。ここで少々クールダウン、♪Time After Time、佐藤さんのヴォーカル入りで♪Hushaby、映画「慕情」から♪Love Is a Many-Splendored Thing。ここで聴きにみえていたディビット・ネグレテさんを呼び出して一緒に♪What Going On、アンコールは2アルトサックスで♪Bolivia。
▶リラックスした中に緊張感のある演奏で、よくスウィングし選曲もステージングも演奏も、とても楽しいジャジーなステージを堪能させていただきました。コアなジャズファンからジャズ初心者まで楽しめる《SK 4》次回は夏の真っ盛り7月19日水曜日です。満席の中でもっともっとノせて演奏させたいワ、暑気払いに、ぜひいらして下さいね。

170510041705100517051007170510011170510091705100617051003

コメント3件

  1. 浦島久 says:

    佐藤さんのサックスが大好きです。このメンバーでのライブをいつか聞きに行きたいです。

    • 佐藤洋祐 says:

      浦島さんどうもありがとうございます、こちら京子ママのお店には毎月お世話になっております。7月19日、8月17日、9月22日が今後のボディ&ソウルでのこのバンドの演奏機会です。もしよかったら是非いらしてください。
      京子ママ、先日いらしていた私の友人の方がフェイスブックにここのリンクを貼ってくれて、こちらにたどりつきました。温かいライヴレポートどうもありがとう!またママやスタッフの皆さんに会うの楽しみにしています!洋祐

  2. Tomoko says:

    先日、「スマホをなくしたかも」と大騒ぎしていた者です。その節は本当にありがとうございました。SK4素晴らしかったです!またお会いできるのを楽しみにしています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です