デイリーレポート

上品でとても美しい響きの聴き応えある演奏

上品でとても美しい響きの聴き応えある演奏

Kyoko

2017年02月11日 土曜日

0 コメント

▶当店2回目の出演になるフランチェスカ・ハン(pf) さんのトリオ。ベースに須川崇志さん、ドラムスにジーン・ジャクソンさんを迎えて行われました。ご主人がフランス人で、韓国ソウル勤務の時にジャズを聴きに行ったところ彼女がピアノを弾いていて、それが馴れ初めでご結婚。その後NY勤務から東京勤務になり当店に聴きにいらして、その時演奏したいと言われ YouTube で演奏を聴いて当店に出演していただいたのが初で、昨夜は2回目の出演でした。
▶まだあまり話せない日本語に替わってピアノでご自分の世界を表現され創り上げている感じ。とても美しいピアノ・サウンドで、クラシックのチェロ奏者でもある須川さんや、ジーンさんとのコンビネーションもよく、上品で知的な説得力があり聴き応えがありました。凄く良く勉強されていて、スタンダード曲のアレンジにも素敵に感性が表れれていて素晴しいと思いました。
▶1st.stage…T.モンク♪Bemsha Swing…多くのレジェントが演奏している名曲ですがピアノトリオ・サウンドも良いですね。ハン作♪Count Yourself…コルトレーンの♪Countdown のコード進行の曲でした。ハン作♪Chrysanthemum (菊の花)…菊池雅章さんを尊敬されているそうで彼に捧げられた曲、きっとプーさんも天国で喜んで聴かれたと思います、お店に写真が飾ってありますし彼が良く弾いていたピアノですもの。ハン作 ♪Detour、スタンダード曲♪Last Night When We Were Young、B.パウエル♪Hallucination。渋い曲が多いですね。
▶2nd.stage…♪曲名不明…オリジナル曲でしたが曲名を聞くのを忘れましたゴメンナサイ、スタンダード曲♪Alone Together、♪Body And Soul…沢山の「社歌」を聴いてきましたがこれまでに聴いた事がない素敵なアレンジでした。T.モンク作♪T.Monk…モンクは変わった人としても有名でしたが自分の曲に自分の名前を付ける凄さ。アンコールは♪黒いオルフェ…このアレンジも素敵でした。
▶現在は6月のブッキングをしているところです。それでお願いしようとしたら、なんと6月におめでたのようです。演奏を聴けないのは残念ですが、おめでとうございます。元気な赤ちゃんが生まれますように。

1702100317021001170210021702100417021006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です