デイリーレポート

選曲もよくセクシーなテナーが咽び泣くよう

選曲もよくセクシーなテナーが咽び泣くよう

Kyoko

2016年12月16日 金曜日

0 コメント

▶今年も残りあと2週間。でも何だか年末の雰囲気がしませんねぇ。そう感じるのは私だけかしら。そんな昨夜、鈴木央紹(ts) クァルテットのセンスの良い選曲でストレート・アヘッドないいジャズをジャズを楽しみました。バッキングメンバーは、若井優也(pf) 佐藤ハチ恭彦(b) 原大力(ds) さんで、久し振りの出演でしたから、お好きな方・ファンの方が皆さんいらっしゃいました。鈴木さんのサックスは、クールでいいですね、選曲のバランスの良くて、お好きな方には嬉しい曲が演奏されました。
▶1st.stage…K.ジャレットの♪So Tender、N.キングコールが歌ってヒットした♪The More See You、B.ゴルソン♪Whisper Not…昔のジャズ喫茶でよくかかっていた往年のジャズファンにはたまらない曲、バラード♪You Go To My Head…この曲もB.ホリデー、F.シナトラ…多くのシンガーが歌っています。D.ガレスビー♪Woody’n You。
▶2nd.stage…「恋のときめき」から♪I Should Care、E.サンプソン♪Stompin at the Savoy、G.ガーシュイン♪I Loves You Porgy、C.コリアの♪Bud Powell、アンコールは「ティファニーで朝食を」からH.マシーニー♪Moon River。鈴木さんテナーは歌詞のある曲が良く似合うし上手いですね。テナーがセクシーにむせぶような素敵な夜になりました。

161215005161215002161215003161215004161215006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です