デイリーレポート

ピアノが良く鳴って気持ちのいい守屋ワールド

ピアノが良く鳴って気持ちのいい守屋ワールド

Kyoko

2016年12月02日 金曜日

0 コメント

▶12月の初日、守屋純子(pf) トリオで始りました。サイドメンは 最近トリオ演奏はこのメンバーですることが多い 納浩一(b) デニス・フレーゼ(ds) さん。守屋さんのオリジナル曲も良く理解していて、とても気持の良い演奏で、守屋ワールドを繰り広げられました。いきなりピアノがあまり鳴るので音を下げるようスタッフに伝えると「ママ、これ生音です」と返事が返って来ました。彼女のタッチがとてもしっかりしていて、店内の空気も乾燥していて、とても響き良く鳴っていました。
▶1st.stage…H.ハンコック♪Dolphin Dance…ピアノが良く鳴りました。守屋作♪Departure、お亡くなりになったフランスのご友人に捧げたという曲♪For Daniel。ハワイアンの仕事を頼まれて作曲された時の曲♪Hawaian Wind…同じテンポの同じメジャーコードだけでできてる曲、続いてちょっとだけマイナーコードを入れた曲でクラシックをジャズにアレンジした♪Rhapsody On A Theme Of Paganini (ラフマニノフのバガニーニ主題による狂詩曲)、気分を変えてB.パウエル♪Un Poco Loco…いろんなジャンルの人がカバーしているとても変わった曲です、と守屋さん。
▶2nd.stage…お客さまのリクエストで守屋作♪A Thousand Cranes (千羽鶴)…これは叔母様に捧げた曲で、広島の方が詞を付けてコーラスで歌われているそうです。バリトンサックス奏者でピアニストとしても知られるジェリー・マリガンに捧げた♪Gerry…先だって若くして亡くなられたバリトンサックス奏者の宮本大路さんに捧げられました。続いてもリクエストで長谷川等伯組曲の中かピアノトリオで演奏出来る曲を3曲♪竹林猿猴図屏風 (Monkeys in Wilhend Tree)、♪虎と龍 (Tiger and Dragon)、国宝長谷川等伯の代表作♪松林図屏風 (Pine Tree)…日本の古い絵画をモチーフにジャズにしてしまう守屋さんは凄いですね。スタンダード曲♪Satin Doll、アンコールはリクエストで家康公組曲の中から♪Samurai-spirit of Mikawa Warrior (三河武士魂)。
▶お客さまの中には、地方から聴きにいらした守屋さんの熱心なファンもいらっしゃって、リクエストもされました。リクエンストにすぐ応えられるのも、守屋さんの音楽世界に精通しているこのトリオ・メンバーならではです。素晴しいですね。次回の守屋さんは、当店の新年幕開け恒例になった《守屋純子セクステット》です、ご一緒に元気に新年を迎えましょう。

161201006161201002161201001161201003161201009

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です