デイリーレポート

初のアルト奏者として7人を率いたリーダー出演

初のアルト奏者として7人を率いたリーダー出演

Kyoko

2016年11月17日 木曜日

0 コメント

▶いつもピアニストとしてバンドに参加し当店に出演していたサイモンさんですが、実はプロのアルト奏者でもあるのです。昨夜はその初のリーダーバンドでアルトサックス奏者としてフロントに立ち、オリジナル曲も披露されました。サイモン・コスグローブ(as) さんと彼のアルバムのレコーディングメンバー、マイク・ザチャーナック(tp) 石川周之介(ts,fl) 駒野逸美(tb) さんの4管フロント、堀秀彰(pf) 座小田諒一(b) 安藤正則(ds) さんのピアノトリオの7人編成セプテットです。
▶当店初出演の方もいらして、サウンドも新鮮でとても良いバンドだと思いました。サイモンさんの作品も多数聴くことができました。本国イギリスでは12歳からフルバンドで演奏されていたそうです。名門ケンブリッジ大学で音楽の勉強をされた珍しい人で、MCも上手な日本語で丁寧にしっかりされました。頭の良い人は何でも良く出来ますね、羨ましいわ。初めてのリーダー出演で多くのお知り合いに声をかけていただいたようで、大勢の方がいらっしゃいました。バンドメンバーも皆さんしっかりとよくまとまった気持の良いサウンドでした。
▶1st.stage…C.ポーター♪Dream Dancing、サイモン作♪Green Light Days…赤信号に引っかからないで信号をスムーズに通過できた気持よさを曲にしたもの。♪Frank…サイモンさんのお祖父様フランクさんに捧げた曲、イギリスの実家に帰った時に無口だった亡きお爺さんの椅子が残されていたのを見て作られたそうですが、その通り静かで綺麗な曲でした。サイモン作♪Paragon…昨日が奥さまの誕生日、でもお子さんが小さいのでお店に来るれなくて曲をプレゼントされました。優しいマイクさんの(flh)が、愛に満ちた曲にピッタリでした。サイモンさんが尊敬しているというシダー・ウォルトンの♪Bolvia…全員がソロをとりました。
▶2nd.stage…サイモン作♪Joe’s Tune…1歳のお子さんに書いた曲、ベースから出て(as)(tb)(pf)がソロをとりました。マイク作♪It’s All Good…明るいテンポの良い曲で(tp)(ts)(b)がソロをとりました。♪Orudam…彼が良く演奏するホテルの店の名前を逆さまにした曲名ですが、ジャズの曲にはこういう遊びの曲名がよくありますね。サイモン作♪If Only…実家に帰った時に出てきた17歳の時に作曲した譜面、このバンド用にアレンジされた曲、ソロはアルトがとりました。サイモン作♪Open All Hours…コンビニの事でしょうね、全員がソロをとりました。アンコールは♪Stylings of Reid…アルバムのタイトル曲でした。とてもいい演奏だったので、来年また出演をお願いしたいと思います。

16111605161116061611160101611160116111604161116031611160216111607161116011

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です