デイリーレポート

キャッチ通り直球勝負のバランスのいいジャズ

キャッチ通り直球勝負のバランスのいいジャズ

Kyoko

2016年10月26日 水曜日

0 コメント

▶当店には偶数月に出演する《BIG CATCH》メンバーはいつもの松本茜(pf) 本川悠平(b) フィーチャリング浜崎航(ts,ss,fl) さん、そして都合により昨夜は初参加の広瀬潤次(ds) さんでした。でも少しのリハーサルでまるでレギュラー・ドラマーのような「痒いところに手が届く」しっかりしたサポートでした。
▶1st.stage…ミュージカルの中で使われた曲♪Brotherhood of Man (人類みな兄弟)…浜さんテナーを吹きました。リチャード・ロジャース♪Where or When、S.ジョーンズ♪Mean What You Say…浜さんフルートで。ヘプバーンとケリー・グランドの映画「シャレード」から♪Sharade…浜さんテナーを吹いてコルトレーンのようになったと言っていました。浜崎作♪Sleeping Stars…「海男」の浜さんが無人島で星空の下で眠る時にひらめいたという曲。このバンドのテーマ曲♪Big Catch。
▶2nd.stage…クァルテットで♪Night and Day、ピアノトリオで♪Laurentide Waltz…O.ピーターソンの曲ですが茜さんは毎日でも弾きたいという曲だそうです。♪But Baeutiful、クァルテットで松本茜作♪Mothers Blues…浜さんソプラノサックスでふきましたが皆が凄いスピード感で、ドラムをフィーチャー、素晴らしい演奏でした。次はベースをフィーチャーして♪Do You Know Meat Miss New Orleans…浜さんソプラノを吹き、本川さんは歌いながらベースソロ。ニューオリンズの香りがしましたよ。J.ホール♪Sometime Ago…浜さんフルートで。アルバムタイトル曲♪Holiday…皆の手拍子から始まり浜さんテナーで。アンコールは浜崎作♪Miss Sunshine。
▶バランスのとれたストレート・アヘッドな演奏はまさにこのバンドのキャッチ「直球勝負のニコニコジャズ」若いお客さまが熱心に聴いおられました。持参されたアルバムは完売。ジャケットの茜さんのイラストも人気がありますね。イラストレイターとしても並々ならぬ才能、天は時々二物を与えるようです。

1610250916102501161025010161025031610250716102502

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です