デイリーレポート

ピアノが歌う二人のデュエットのような筆舌を超える素晴らしさ

ピアノが歌う二人のデュエットのような筆舌を超える素晴らしさ

Kyoko

2016年09月24日 土曜日

0 コメント

▶当店に世界の小曽根さんが登場する2年ぶりの特別企画、その第1夜は、今年7月古希を迎えられた 伊藤君子(vo) さんの古希祝いということで 小曽根真(pf) さんとのデュオ・ステージでした(あまり古希古希と大声で言うとぺこちゃんに叱られますが…でも素敵な年のとり方をしているペコちゃんには、褒め言葉だと思っています)
▶このデュオは、もう20年以上になるでしょうか、スイスのモントルージャズ・フェスに出演して以来ですね。まあとにかく、お二人のデュオはボーカルにバッキングピアノ、なんて言う範疇を超えて、声という楽器とピアノという楽器のこれはセッション。あるいは、小曽根さんはピアノで歌い、ペコちゃんとデュエット、と言ったらいいかしら。それにお二人の引き出しが広いこと深いこと。お二人のトークだって爆笑あり含蓄あり、超満員のお客さまはヤンヤの大喝采。こういうステージのレポートするには、私の表現力の貧しさを痛感するばかりです。
▶私にとってはお二人とも古くからのおつきあいで、1曲ごとに真さんの若き日の思い出や「戦友」のようなペコちゃんとの思い出が頭をよぎって来て、涙腺がゆるんでしまって大変でした。いつも思いますが、それにしても真さんはトークも超一流ですね。店内はもう爆笑と拍手と歓声、そして時には聞き耳を立てる静寂で、大きなメリハリのある極上の音楽空間。しかも、客席には真さんの奥様(神野三鈴さんやお母様もいらして、本当にアットホームな雰囲気でした。
▶1st.stage…♪Just in time…これは真さんのリクエストだったようです。M.ナシメント♪The Bridges、トゥーツ・シールマンス♪Bluesette…真さんとペコさんでトゥーツさんの思い出話しをされました。A.C.ジョビン♪How insensitive…すごく綺麗でした。小曽根さんのソロで♪Pandora…皆さん真さんに釘ずけでした。♪My Favorite Things(津軽弁はなし)♪Send in the Clouns。ペコちゃんの歌の原点、美空ひばりさんに捧げた♪Skylark…あまりに素晴らしく言葉がありません。
▶2nd.stage…♪Septenber in the Rain …その夜、外は雨降りだった選曲だと思います。何しろお二人は懐が深くあらかじめ決めた進行はあってないようなもの。ジャジーな進行なのです。♪Sophisticated Lady…私はペコちゃんが歌うこの曲が大好き。♪You’ve Got A Friend。M.ルグラン♪Once You’ve Been in Love…しみじみ美しかったです。明るく♪On A Clear Day。ここで今度は小曽根さんのソロ、チック・コリア♪Crystal Silence…いつものピアノとは思えないほどピアノが良く鳴って響き渡りました。デュオで♪Old Devil Moon、♪So Many Stars。そしてもう一度♪Skylark。アンコールは決まりごと「社歌」♪Body And Soul…「社歌」はペコちゃんの命名ですが、心のこもった感動の社歌でした。

160923051609230316092301160923021609230616092304

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です