デイリーレポート

選曲のセンスも良く往年のジャズ好き大満足

選曲のセンスも良く往年のジャズ好き大満足

Kyoko

2016年09月11日 日曜日

0 コメント

▶昨夜の「岡崎ブラザースクィンテット」は、土曜日でしたので私が独断でメンバーを決めました。フロントに岡崎好朗(tp) 岡崎正典(ts) さんの岡崎兄弟、バックにはそれぞれは共演したことがある 菊池太光(pf) 須川崇志(b) 鈴木宏紀(ds) さんの若手トリオ。フロントとバックトリオとは初めての演奏でした。早くに入ってリハーサルをするとすぐに打ち解けて本番は見事なコンビネーションでした。
▶鈴木さんは名古屋出身で東京と名古屋を行き来して活動しているだけあって、他のバンドでの演奏は慣れたもの。タッチが良く素直なリズムを刻むドラマーで「昨夜までに良く勉強して来てね」と言ってあったのですが、期待通り。メンバーも喜ぶドラミングでした。このクァルテットのリーダーは兄である好朗さんで、MCもされました。選曲のセンスも良くてお客さまは大変楽しんでおられました。昨夜は、昔よく当店にいらしていたジャズ好きな60代の方が何故か多くなり、現在の素晴らしいライブ演奏に感激して最後まで熱心に聴いて帰られました。皆さん、青春時代はジャズの盛んな時代でしたからね。
▶1st.stage…お馴染みの♪Milestone…でお客さまは大喜び。♪There is No Greater Love、F.ハバード♪Up Junped Spring…軽快に良くスウィングしていました。正典さんをフィーチャーしてバラード♪You Don’t Know What Love Is…楽器が気持良く歌っていました。F.ハバード♪Bird Like…一斉に出た気持よい演奏でした。
▶2nd.stage…ウェイン・ショーター♪Footprints…良くスイングしていました。トランペットをフィーチャーした♪Bye Bye Blackbird…響きがとても綺麗でした。ジョー・ヘンダーソン♪Recorder Me…ノリの良い曲で、六本木店でもNYでも私も何回もお会いしましたが、今は亡き優しいヘンダーソンさんを思い出しました。♪Body And Soul…ピアノイントロから出て好朗さんフリューゲルホーンを吹いた心のこもった演奏でした。T.モンク♪Rhythm a-Ning…あのモンク独特の雰囲気が良く出ていました。アンコールは♪I’ve Never Been In Love Before、一旦終演。でも遅れていらしたお客さまに2曲、♪Autumn Leaves と♪Autumn In New York を演奏。お客さまは感謝されて飲み物と食事をご馳走してくださり演奏者も喜んでいただきました。

160910031609100416091001160910021609100516091006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です