デイリーレポート

若い心が一つになった気持ちのいい演奏

若い心が一つになった気持ちのいい演奏

Kyoko

2016年08月16日 火曜日

0 コメント

▶デビット・ネグレテ(as) さんの当店2回目のリーダーライブ、若いクィンテットメンバーは 中村恵介(tp) 宮川純(pf,key) 中林薫平(b) 柴田亮(ds) さん。終戦記念日の夜に、日米混合バンドで主にデビットさんのオリジナル曲が演奏され和やかなライブになりました。
▶デビットさんは日本在住歴5年で日本語も出来るので、MCも彼が一生懸命されました。彼はとても真面目で、ミュージシャン仲間からも好感度バツグン。アルバム発売ツアーも一緒に旅して、彼の音楽の良さを理解して、心がひとつになっている気持が伝わってきました。オリジナル曲も斬新で、若さが溢れて気持ちのいいサウンド。今の若いミュージシャンは皆さんセンスが良いですね。良い環境で演奏出来る場所を守らなくては、とつくずく思います。以下、演奏曲メモを忘れてデビットさんに連絡すると、間髪入れずすぐにメールが来ました。
▶1st.stage…デビット作新曲♪Making The Rounds、♪Surveying、♪Ever More、♪Heal…アルバムでは市原ひかり(tp)さんが歌っていますが、昨夜はデビットさんが英語で「語り」とも「歌」とも違う感じのメッセージを入れました。カッコいい曲です。♪Takao…高尾山をイメージしたこの曲も斬新でした。彼は高尾山が大好きで時々登るそうですよ。
▶2nd.stage…♪After We Fall、♪Onward、♪Tsuyu (梅雨)…ちなみに梅雨明けの曲もあります。♪I Started Having Second Thoughts、アンコールはスタンダード曲H.シルバーの♪The Jody Grind。次回出演は9月13日になります。この若いグループをぜひお聴きください、きっと好きになられますよ。

160815051608150616081502160815031608150116081504

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です