デイリーレポート

満席の男性客を魅了した素敵な歌姫

満席の男性客を魅了した素敵な歌姫

Kyoko

2016年07月18日 月曜日

0 コメント

▶昨夜は三連休の中日の日曜日。「Dharma meet Shanti」と銘打った 中村健吾(b)さんプロデュースのライブ。林正樹(pf) 中村健吾(b) デニス・フレーゼ(ds) さんのトリオ・メンバーが、美しい歌姫シャンテイさんと一緒に務めたステージでした。シャンティーさんとバック・トリオの面々は初顔合わせ。 (私が健吾さんにお願いしたカタチです)。でもこの夜のために、健吾さんがずっと前から連絡を取ってシャンティさんの譜面を取り寄せ準備され、昨日も3時からお店でリハーサルをして本番に臨まれました。
▶シャンティーさんは以前に当店で飛び入りで歌われ、いわゆるジャズ畑ではありませんでしたが、知的で綺麗で素敵な女性で声も素晴らしく、私はぜひジャズの世界で活躍してほしいと思っています。店内は満席で男性ファンがほとんど。このトリオでリリースしたアルバム「Dharma」レコードの作家先生もいらしてました。私はジャズバカで彼女の世界はあまり詳しくなく、この曲名メモも55レコードの五野さんがメモしてくださいました。五野さん、ありがとうございました。
▶1st.stage…まずトリオの演奏から。アルバム「Dharma」の中から健吾作♪I Will、林作♪White Sail、健吾作♪Sad Song…フランスの同時多発テロの後に作曲したもの。ここでシャンティーさんクリーム色のワンピースで登場。シャンティ作♪Wake Up To The Sun、シャンティーさんが初めて新宿御苑でデートした時に作曲したという♪Beautiful…全てが綺麗に見えたそうです。♪So Many Stars…健吾さんのベースソロが良い感じ。♪Make This Moment…ノルウエーのI.G.マリエの曲、最近レパートリーに加わったというキャロル・キングの♪Better With The Sweet。
▶2nd.stage…ピアノトリオ演奏で、林作♪Fragile…作曲した日2015.11.26と譜面に書いてあるな、とMC。健吾作♪Beyond The Horizon…大きな客船ダイヤモンド・プリンセス号に乗った時に見た美しい夕日の印象。シャンティーさん登場、小沼ようすけ作シャンティ作詞♪Sunset、B.ウィルソン♪He Loves You…ハービー・メイソンのプロデュースで大ヒットしたフージョン・バンドSEAWINDの曲。R.R.ジョーンズ♪Company、ジョニー・ミッチェル♪Boths Sides Now (青春の光と陰)…私の好きな曲。ダーマ作♪Step Ahead、アンコールはドラムスが抜けて♪家族の風景…を日本語で歌われましたが、とても心温まる良い曲でした。
▶シャンティーさんは英語の詞を付けたようですが、日本語の方が素直にわかりやすいと日本語で歌われました。彼女は作詞も多く手がけている才能豊かな女性で、ジャズの世界でもスターになる要素を沢山持っていると思います。ちなみに彼女はゴダイゴのトミー・スナイダーさんのお嬢さんですが日本生まれです。

160717021607170516071703160717011607170416071706

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です