お知らせ

訃報: ジェレミー・スタイグさん

Kyoko

2016年05月22日 日曜日

4 コメント

フルートの巨人、ジェレミー・スタイグさんが、去る4月13日、永眠されました。享年73。どうぞ安らかにお眠りください。合掌

私とは当店六本木時代、当店が招請してエディ・ゴメスさんらと一週間にわたって演奏したイベントが彼の初来日でした。その時、演奏の合間もちょっとでも時間があると、すぐ絵を描いていた姿がいまでも目に焼き付いています。帰国するときにはお土産として、その絵をプレゼントされ、でも何かとても難解な絵だったことを思い出します(多分私を描いてくれたのだと思います)その後は、エディさんから風の噂にお元気に相変わらず絵を描いているとお聞きしていました。
20年以上経った3年ほど前、ご結婚された日本人の奥様を連れ立って、突然お店に現れました。横浜に移り住んでスタジオを持って4年ほどになる、ということで私はビックリしました。描いた絵にジェレミーさんが音楽をつけた子供達の絵本のCD版を、奥様とともに制作されているということでした。でも、もう一度ぜひ日本で演奏したいということで、以来、年に1,2回ウチに出演されるようになったのです。昨年暮れに出演された時、そろそろアルバムを出したい、とお話されて、最近まで準備されていました。この夏が過ぎたらまた当店に出演する、そんな予定もありました。
そんな矢先ある筋から、ジェレミーさんが先月お亡くなりになっていることを知り、奥様にお電話すると、彼のご遺志でごく内々にされたいということのようでした。彼ご自身は、身の回りのことは全てきちんと整理されて、覚悟はされていたようですが、あまりに突然のことで、私はいま言葉もありません。とても優しい方でしたが、ご自分の音楽にはもの凄く厳しい姿勢で臨む方でした。もうあの素晴らしいフルートの世界が聴かれない、と思うと、ただただ残念です。  Kyoko

コメント4件

  1. 岩本一成 says:

    ジェレミーさんのライブを昨年暮にそちらで聴き、是非今年もと思い調べていたところ、こちらを拝見して本当に残念に思っております。
    中学の時にフルートを始めた頃から40年以上ファンです。
    昨年が唯一ライブで聴いた機会となってしまいました。
    これから、お会いできないと思うととても悲しい。

  2. キムラ ハジメ says:

    ビル・エバンスとの共演アルバムで有名な、あのジェレミー・スタイグさんが
    まだご存命で、しかも Body & Soul に出演されると知り驚くと共に直ぐに予約、
    合わせて2回、生演奏を聞かせて頂きました。お年を召していらっしゃいましたが、
    緊張感のある素晴らしい演奏に本当に感動しました。お話しする機会も頂き、
    テクニック維持のために、毎日必ず練習をすると伺い、音楽にかける思いの深さに、
    感銘しました。穏やかで優しいお人柄、ご一緒に撮らせて頂いた写メは宝物です。
    故人のご冥福と、残されたご家族の安寧をお祈りします。

  3. 三輪敏美 says:

    他界されてることを知りませんでした。母がジャズを聴いていたので、子供の頃に彼のアルバムを聴いて何か感じるものが有り、フルートを買って真似をしてみたり、ジャケットを絵にしてみたり、身近に感じる存在でした。偶然他界される頃、ジャズライブハウスのマスターと彼の話で盛りあがったのを覚えています。大好きな人達が他界されると、長く生きていることが寂しく感じられます。ご冥福を祈ります。

  4. Pingback: 【お知らせ】故ジェレミー・スタイグめもりある画廊かふぇJEREMY’Sオープン BODY&SOUL

キムラ ハジメ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です