デイリーレポート

次回が楽しみになるストレートないいステージ

次回が楽しみになるストレートないいステージ

Kyoko

2016年05月18日 水曜日

0 コメント

▶レイモンド・マクモーリン(ts) 岡崎好朗崎(tp) 菊池太光(pf) 楠井五月(b) 村上寛(ds) さんのメンバーの昨夜、熱いストレート・アヘッドなジャズが店内に響き渡りました。これは私が組んだメンバーで、ピアノとベースが若手のトップクラス、フロント陣は、今の日本のトップクラスの管奏者岡崎さんと、日本を拠点に活躍しているレイモンドさん、そこに大ベテランの村上さんをドラマーに迎えた、三世代によるコンボユニットです。
▶ステージはレイモンドさんが選曲しMCも担当。とても真面目な勉強家で、メールも漢字入りできちんとした日本語で届きます。今は演奏だけで生活されていますが、それまで慣れない日本でいろいろ苦労されたようです。彼の音は一音でジャズを感じさせる私の好きな音色で、いつもきちんとスーツを着てステージに立つ姿もジャズ黄金時代を彷彿させてサマになります。昨夜はメンバーの皆さん全員がスーツやジャケットを着用して、ステージも締まって見える、いいコンボジャズのステージでした。
▶1st.stage…レイモンド作♪Komuro Blues。♪Jammin’ With Jesus、♪All Blues、トランペットをフィーチャーして♪You’ve Changi…とても良かったです。レイモンド作♪For My Brother Andy…同じサックス奏者の親友に捧げられた曲で凝ったブルースの曲です。
▶2nd.stage…T.モンク♪Evidence、レイモンド作♪Procrastination…ぐずぐずする・怠慢の意味で自分の事を曲にしたんだそうです。テナーサックスをフィーチャーして♪Willow Weep for Me…大きなしだれ柳が哀愁を帯びて揺れているイメージがよく出た演奏でした。レイモンド作♪All of a Sudden(突然に)…折しもその時、トイレに立ったお客さまがガラスのドアで大きな音をさせてグッドタイミング、皆で大笑い。アンコールはお馴染みの♪Mornin’。
▶お客さまはいわゆるジャズ通の皆さんで、いかにもジャズらしい演奏が全演奏に表れていて皆さん大喜び。バックのトリオがスウィングしていて、このコンボのサウンドをより良くしていました。次回は秋口9月28日に決定、秋らしい選曲が聴かれると思いますよ。

160517051605170616051701160517031605170216051708

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です