デイリーレポート

いいアルト奏者を得て新しいユニット誕生の夜

いいアルト奏者を得て新しいユニット誕生の夜

Kyoko

2016年04月19日 火曜日

0 コメント

▶昨夜の演奏で、とてもいいユニットが出来ましたよ。岡崎好朗(tp) 原川誠司(as) 田中菜緒子(pf) 伊藤勇司(b) 井川晃(ds) さんのクィンテット・メンバーで、原川誠司さんは当店初出演で参加した昨夜のステージ。岡崎さんが率いて、今後もこのメンバーで活動して行きたい、とオリジナル曲も沢山用意して入念なリハーサルをして臨まれました。
▶原川さんは大学を出て一旦就職されたのですが、ジャズがやりたくて会社を辞めNYに渡ってバイトをしながら個人レッスンを受けて5年前に帰国した方で、岡崎さんとはNYで知り合ったそうです。アルトサックスはいい音色を出すのが難しくて、美しい音色のアルト奏者は多くありません。ですが彼のアルトは柔らかくて綺麗で心地よくて芯がしっかりしていて…私は驚きました。
▶奈緒子さんは顔立ちが清楚で素敵な美人ピアニストで、リズムの食いつきや間の取り方が素晴らしく、伊藤さんと井川さんのリズム隊もフロント二人も、コンビネーションが抜群で自然に流れるようなサウンド。岡崎さんもぜひこのメンバーで続けたい、とおっしゃって、私も大賛成。華があり、しかも気持ちのいいストレート・アヘッドなジャズ・ユニット誕生です。さっそく8月2日にブッキングしました。
▶1st stage…♪The Perfect Numbe、New Song No3、♪Pier 54…NYハドソン川の波止場の名前だそうです。♪Nana’s Dance…飼っている猫のダンス風景。バラード♪Titania…奈緒子さんのソロもゆったりして綺麗で、岡崎さんのフリューゲルホーンが良く歌いました。♪Elementary Particle…アップテンポの曲で岡崎さんトランペットに持ち替えて演奏しました。全曲岡崎オリジナルです。
▶2nd.stage…♪New Song No1、♪Formally Real…アップテンポの勢いの良い曲。♪Eternal Blues…水平線をイメージした曲でした。New Song No2 UGSF…乗りの良い4ビートの曲、伊藤作♪For Someone…アルトサックスをフィーチャーしたバラードでアルトの美しい音色が良く響き歌いました。最後はアップテンポの明るい曲♪Alstormeria で終りました。全部オリジナル曲でしたが、無理のない素直で自然なメロディーが流れていてリズムも感じやすく、とても良いと思いました。皆さまぜひ新しいクァルテットをお聴きになってくださいね。私のお薦めです。8月2日にはユニット名ができているかもしれませんよ。
▶追伸 原川さんは熊本出身。本日空港が再開したようで、さっそく実家にお帰りになりました。直接的な被害はなかったようですが、地震はまだまだおさまらず…大変ですが気をつけてがんばってくださいね。

1604180516041801160418041604180216041803

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です