デイリーレポート

ジャズ黄金時代の気持ちいジャズ 私は諦めません

ジャズ黄金時代の気持ちいジャズ 私は諦めません

Kyoko

2016年03月02日 水曜日

0 コメント

▶3月に入りました。まだまだ寒いですね。初日は2トランペットがフロントの、岡崎好朗(tp) 松島啓之(tp) 田中奈緒子(pf) 伊藤勇司(b) 広瀬潤次(ds) さんのメンバー編成は2回目の出演です。田中さん伊藤さんは若手ですが、ほかの3人は日本のジャズシーンにほとんど登場するミュージシャンで、皆さんお人柄がとても良く、抜擢されたお二人はラッキーです。
▶昨夜は前回よりも一層充実したサウンドになって、ジャズ黄金時代の曲を自分達のサウンドにして熱い演奏を繰り広げました。田中さんも伊藤さんも周りの音を良く聴いて、素晴しいサポートでした。広瀬さんと伊藤さんのリズム隊の相性もよく、フロント二人が伸び伸びと気持良く音の会話をして、ストレート・アヘッドないい演奏を堪能しました。
▶1st stage…W.マルサリス♪Awinging At The Heaven…気持の良い出だしではじまりました。V.ヤング♪Delilah…2トランペットが良い感じに歌っていました。D.ガレスビー♪Tour de Force…明るい曲でそれぞれのソロが活きていましたよ。L.モーガン♪Carolyn(キャロライン)…女性の名前でしょうか、その人を思い浮かべるようなサウンドでした。♪If I Would Ever Leave You…アップテンポの曲でトランペットのバトルが凄く、素晴しいドラムソロも入りました。
▶2nd stage…H.モブリー♪The Opener、B.ゴルソン♪Step Lightly…いい4ビートに身体が思わず動きました。アップテンポの気持良い曲 L.モーガンの♪Most Like Lee、リッチー・パウエル♪Time…バラードでイントロの2ペットのユニゾンが素敵でした。L.モーガン♪Midnight Blues…4ビートのノリが良かった。
アンコールは♪Body & Soul 2ペットのB&Sの演奏は絶妙でした。
▶ジャズの黄金時代の曲を聴いて、私は青春時代を思い起こしました。でも、ジャズ好きの常連さまばかりで、新しいお客さまは予想以上に少なく残念でした。こういう気持ちのいいジャズとこのユニットが、きっと、もっともっとたくさんの方に好きになっていただけるはず。私は諦めません、しつこく追求します。というわけで、次回を6月28日に決めました。皆さまぜひいらして私と一緒に聴きましょう。きっとファンになられますよ。

1603010116030105160301031603010416030106

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です