デイリーレポート

ジャズスピリッツ溢れるクァルテットサウンドの第2夜

ジャズスピリッツ溢れるクァルテットサウンドの第2夜

Kyoko

2015年11月16日 月曜日

0 コメント

▶《海野雅威NYトリオ》の帰国ツアー最終日、そして当店 2 Daysの第2夜は、ゲストにレイモンド・マクモーリンさんのテナーサックスが加わったクァルテット演奏です。2日連続でいらしたお客さまもいて客席の埋まり具合もいい感じ。海野さんもエシエットさんもジョナサンさんも、すっかりリラックスして本領発揮。クァルテット・ジャズの良さがしっかり出る演奏を繰り広げました。レイモンドさんは、いつものようにきちんとネクタイとスーツ姿、昨夜は粋な帽子をかぶって真ん中に立ち、楽器が良く歌い鳴っていました。レイモンドさんの他、演奏者皆んながネクタイとスーツの正装姿で絵になるステージ。色んな意味でジャズ・エッセンス満開の醍醐味を楽しみました。
▶1st.stage…トリオ演奏で海野作♪Funky Groove、♪Isn’t This Gate Working、♪Bird Bath。オリジナル曲3曲の後レイモンドさんが入って♪Four…マイルスの演奏で有名ですが、このクァルテットの演奏も良い感じ。バラード♪My One And Only Love…テナーが良く泣いていました。レイモンド作♪Kominato Blues…彼が来日した時は千葉の小湊中学で英語の先生をしていました。その時に作曲した曲。皆がそれぞれ個性的なソロをとったので長い演奏になって、気がついたら1時間半のステージでした。
▶2nd.stage…海野作♪Cirele…カリプソ調の曲の後、ジョナサンさんの誕生日を皆でお祝い。クァルテット演奏で♪What Is This Call Love、そして♪Body AndSoul…ピアノのソロが美しく、皆の気持がひとつになったとても素晴らしい演奏でした。レイモンド作♪All Of Sudden…バックのトリオが良いのでレイモンドさんも自由に演奏されていました。アンコールは♪Bye Bye Blackbird。
▶楽しい時間が終わると、エシエットさんが昨日お話した携帯べースのちょっとした「解体ショー」鞄に入れるまでを興味深く見せていただきました。良く計算された治め方を見て感心、感動するほどでした。エシエットさんとジョナサンさんは今朝、NYへの機中の人になりました。海野さんは、吉田豊さんと札幌と旭川に演奏に行かれるようです。皆さん、二日間お疲れ様でした。

1511150315111504151115011511150215111505

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です