デイリーレポート

ジャズミュージシャンたちのプロスピリッツに拍手

ジャズミュージシャンたちのプロスピリッツに拍手

Kyoko

2015年10月25日 日曜日

0 コメント

▶今日のレポートブログはちょっと長くなるかもしれませんが…というのも一昨日のレポートに書いたお店に遊びにいらしてくれた小曽根さんとブランフォードさんの昨日のコンサートに行ってきました。とにかくいつにも増して物凄い人気で、チケットが全く手に入らない状況で(私は小曽根さんのご配慮でなんとかなりましたが)大勢の行けなかった方のためにそのご報告を、と思いまして。
▶正式名は「小曽根 真×ブランフォード・マルサリス “Jazz meets Classic” with 東京都交響楽団」。場所は都響の本拠地、上野の文化会館です。三部構成で、最初は都響でバーンスタインの「オン・ザ・タウン」より「3つのダンス・エピソード」。
▶次がブランフォードさんのジョン・アダムズ「サクソフォン協奏曲」ブランフォードさんは、オーケストラをバックにジャズ演奏とは違う奏法で30分間ほど難しい曲を演奏されましたが、とにかく音色がものすごく綺麗。もちろん彼のスキルなんですが、一昨夜いらした時に持たせてもらった時、楽器が普通よりすごく重かったですから金メッキなんだと思います。そのあまりに心地良い美しい音が子守唄のように聴こえ、睡魔に襲われました。
▶そして小曽根さんのプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番 ハ長調作品26です。この曲は小曽根さんがクラシックを始めた最初の頃の曲だそうですが、40分間もの長い曲を暗譜で演奏されました。そのスキルも表現力も説得力も、物凄いピアノ、としか表現できません。引き込まれました。
▶クラシックのコンサートで経験するのですが、MCもなく客席の反応も決まった段取りのような何度ものカーテンコールで、私は物足りなく思うのですが…そこはさすが小曽根さんです。マイクを取って「これでプログラムは終了ですよね」なんて都響メンバーに確認してから、ジャズスピリッツ溢れる、いわば番外の小曽根さんの世界、二人のデュオが始まりました。まずはデキシーナンバーで客席をノせ、次にスタンダードナンバー♪Star Dust でうっとりさせ、最後はピアノとサックスの掛け合いバトルのモダンジャズ。お客さまの大喝采・大拍手が終わらない会場を後にして、お店に向かいました。
▶お店では、伊藤君子さんの津軽弁ジャズ2ndアルバム「ジャズだべ、ジャズださ」発売記念の最中でした。宮本貴奈(pf) 坂井紅介(b) デニス・フレーゼ(ds) さんのメンバーをバックに、ペコちゃんが真っ赤なニットの素敵なドレスを身にまとい元気に歌っていました。前日は「津軽弁の日」で、青森のコンサートに貴奈さんと出演してトンボ帰りでの当店でしたが、疲れも見せないその元気な姿に、さすがプロと感心しました。
▶1st.stage…♪Ona Clear Day、♪I Can’t Give You Anythings But Love、♪Gee,Baby, Ain’t I Good To You、津軽弁バージョン♪Falln’ In Love With Love、♪Blue Moon、♪Fly Me To The Moon、(私はここから聴きました)月の次はお星さまです、と♪So Many Stars、そしてまた月にもどって♪Old Devil Moon。
▶2nd.stage…B.ジョエルの♪New York State of Mind、B.バカラックの♪What The World Needs Now Is Love、♪Ever Green。津軽弁バージョン♪Who Can I Turn To?、♪Over The Rainbow、♪Save The Last Dance For Me。津軽弁は、歌うのは難しくて大変みたいですけど、なぜか和やかな雰囲気になりますねぇ。ここでペコちゃんの尊敬する美空ひばりさんの良い曲♪川の流れのように。再び津軽弁バージョン♪Come Rain or Come Shine、アンコールは♪What A Wonderful World。
▶ペコちゃん貴奈さんお疲れさま、紅さんデニスさんすばらしサポートありがとう。上野のコンサートでもここでも、トップミュージシャンたちのタフな肉体と精神に驚きます。ジャズミュージシャンたちのプロフェッショナリズムに、乾杯 !!

15102410151024111510241315102412

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です