デイリーレポート

歌い込んで説得力の増したシナトラ・ナンバー

歌い込んで説得力の増したシナトラ・ナンバー

Kyoko

2015年10月21日 水曜日

0 コメント

▶TOKUさんのフランク・シナトラに捧げた最新アルバム「Dear mr Sinatra」が好評で、昨夜もその中から多くの曲を演奏し歌われました。昨夜のバックは、宮川純(pf,key) 楠井五月(b) 山田玲(ds) 塩川俊彦(g) さんら若くて才能のあるTOKUさんのいわば専属バンドメンバーで、TOKUさんの音楽をよく理解していてバランスも良く、素晴らしいサポートです。TOKUさんも、リリース以来、歌い込んでいるようで、すっかり自分のものにした説得力のあるステージを繰り広げました。久し振りに、お客さまは圧倒的に女性が多い店内になりました。
▶1st.stage…♪The Best Is Yet To Come、C.ポーター♪I’ve Got You Under My Skin、♪I’m Fool To Want You…ボーカルはこの3曲。これ以降はボーカルとフリューゲルホーンの演奏で♪five Minutes More、(flh)のイントロから♪The Way You Look Tonight、♪Night and Day。
▶2nd.stage…♪The Lady In A Tramp、ピアノをバックに♪One For My Baby、べースをバックに♪Fly Me To The Moon…難しい転調をふたりで楽しんでいました。♪Stranger In The Night…Fシナトラが歌ってヒットチャートの1位になりましたがTOKUさんの歌も素敵でした。♪And We Will Fly、C.ポーター♪Just One of Those Things…ドラムをバックに歌でイントロ、後はインスト演奏。♪My Way…アルバムではラップが入っていますが、昨夜は素直な喋り。TOKU作♪Shine On…ここでアルバムのPRしつつ、病気療養中の辛島さんを助けるアルバムのお話も。アンコールは♪Good Life…素晴しいイントロで、TOKUさんの心のこもったボーカルで締めました。
▶終演近くにって、ウチの古い常連さんでもある歌舞伎役者の方がいらして、TOKUさんの歌に大変感動されていました。実は彼は、15年ぶりにデビューした頃のTOKUさんを聴かれていたのですが、あまりに立派になったTOKUさんを見て感無量のようでした。彼は歌舞伎界で頑張っていてTOKUさんより少し年上ですが、歌舞伎界は若手の時代になっていますが、女形が居なくて必要とされていて忙しいようです。ひとつのをコツコツやっていて良かったですね。久し振りにお会いでき、私も嬉しかったです。

1510200815102006151020071510200515102004

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です