デイリーレポート

美しくピアノが鳴り響く久しぶりの渾身のトリオ演奏

美しくピアノが鳴り響く久しぶりの渾身のトリオ演奏

Kyoko

2015年10月15日 木曜日

0 コメント

▶片倉真由子さんの5年ぶりのアルバム「The Echoes of Three」の発売記念ライブには、彼女のアルバムを待ちわびた多くのファンの方がお見えになり、充実したステージと店内になりました。このアルバム自体は、彼女のNY時代のお仲間とのレコーディングですが、向こうからメンバーを呼ぶことができず、彼女が一番信頼しているジーン・ジャクソン(ds) さんと佐藤ハチ恭彦(b) さんで行われました。昨夜の当店が初日で、明日から各地にツアーに出ます。
▶真由子さんは今年は大活躍。文化庁の肝入りプロジェクトで、日本発のジャズ・オーケストラを結成するため東南アジア諸国でオーディションやら、合格者の合宿やらの仕事をこなしている最中です。アルバムタイトルの「Echoes」は、その仕事の旅の最中に感じた、色んな意味の「響き」だそうです。それらも含め、彼女のMCは決して上手いとは言えませんが、とても正直で彼女の人柄がにじみ出ていて、共感できて、とても好感が持てます。私も、久し振りの彼女のトリオ演奏を楽しみにしていました。ちょっと緊張していたようでしたが、これも真面目な彼女らしいですね。
▶1st.stage…アルバムタイトル真由子作♪Echoes、♪In To Somewhere、E.ドルフィーの♪Serene、真由子作♪A Dancers Melancholy、亡きお父様捧げた♪Rising、W.ショーター♪Pinocchio (ピノキオ)。
▶2nd.stage…♪Secret Love、♪A Barfly’s Hope (酔っぱらいの希望)、真由子作♪Direction、D.ピアソン♪You Know I Can…真由子さん自身の好きなバラードです、味わい深い演奏でした。T.モンク作♪Evidence…拍手喝采でした。アンコールはピアノソロで ♪The Single Petal of A Roses。
▶アルバムの中の9曲はずべて演奏され、気持の良いピアノの響きが店内を包み込みました。心に届く演奏のとても良い発売記念ライブになりました。アルバムもお買い上げいただき、真由子さんも感謝の気持でサイン。これからこのアルバムを携えてツアーに出ます。お近くの方はぜひお聴きになってください。アルバムも応援、よろしくお願い致します。

1510140415101405151014061510140715101409

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です