デイリーレポート

ジャズファンも納得のジャズヴォーカル

ジャズファンも納得のジャズヴォーカル

Kyoko

2014年10月01日 水曜日

0 コメント

▶改装後5夜が経ち、PAや照明などが少しずつお店に馴染んできた9月最後の夜、大野えりさんと若井優也(pf)米木康志(b)原大力(ds)さんのメンバー。このメンバーは、えりさんのいわば専属で、当店出演時はいつもこのメンバーです。最近、若井さんとのデュオアルバムをリリースしましたが、全曲がピアニストの作った曲を歌っている素晴らしいアルバムです。昨夜もその中から何曲も唄われました。
▶もうすぐ大台に乗るそうですが、年齢不詳で若々しいえりさん。バックミュージシャンと一体になり、一緒に演奏しているような感じで全身で表現されます。バックのトリオもそんなえりさんの歌が好きで、いつも楽しみながらサポートされています。
▶深いグルーブ感のある、これぞジャズ歌手といった素晴しいジャズシンガーだと、私は聴く度に思うのですが、いつも客席が淋しくファンが増えないのは何故なのでしょう(なんか毎回同じことを言ってる感じで恐縮ですが)「オレはジャズファンだから日本のボーカリストはあまり聴かない」とか「英語でそれ風に歌えばジャズになるとは限らない」ということを時々耳にします。確かに。でも、ぜひえりさんを聴いてみてください。ジャズファンを自認する方もきっと彼女のジャズ・ボーカルをお気に召すはず、と思いますよ。若井さんのバッキングも素晴らしいし。
▶1st.stage…♪Just in Time T.モンク♪Ask Me Now、♪I Didn’t Know What Time It Was、♪Just One of These Things、米木さんもえりさんも星を見るのが大好き…とA.C.ジョビン♪So Many Stars、♪One Note Samba、B.エバンスの♪Waltz for Deddy。
▶2nd.stage…♪Hello Like Before、えり作名曲♪In Time of the Silver Rain、♪This Can’t Be Love、♪You Must Believe in Spring、D.エリントン♪Love You Madly、えり作♪Bird’s Song。

140930314093021409304

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です